2011年11月17日

府中の歯科医師が、怪しい儀式で婦女暴行


府中の歯科医師が、怪しい儀式で婦女暴行を行った模様です。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「儀式だ」と洗脳 少女乱暴 容疑の歯科医と妻逮捕

産経新聞 11月17日(木)7時55分配信

 東京都府中市で開業する歯科医の男が、宗教的な儀式などと称して中学生に性的虐待を加え負傷させたなどとして、警視庁府中署は16日、強姦(ごうかん)致傷の疑いで、歯科医の石川潔容疑者(61)=東京都国分寺市西町=と、妻の香織容疑者(28)=同=を逮捕した。同署によると、2人は容疑を否認している。捜査関係者によると、石川容疑者らは数年間、継続的に女子生徒を暴行した疑いもあるといい、同署は詳しい経緯を調べる。


 府中署によると、石川容疑者らは今年8月ごろ、府中市内に住む中学生の女子生徒(13)の自宅マンションを訪れ、「除霊」などと称して、生徒に乱暴をし、負傷させた疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、こうした暴行は、女子生徒が小学生だった平成21年ごろから継続的に行われていた疑いがある。香織容疑者もこうした行為を知っていたとみられている。

 石川容疑者は、女子生徒の両親と知人で、夜中に自宅マンションを連日のように訪れては、「儀式」「除霊」などと称して暴行を加えていたとみられる。暴行は父親の前でも行われた疑いがあるという。

 捜査関係者によると、女子生徒が今年8月、通学する中学校に相談。学校が児童相談所に連絡し、虐待の疑惑が発覚した。女子生徒はその後、児童相談所に一時保護されたという。

 逮捕された石川潔容疑者らは、女子生徒の父親に対しても「これは儀式だ」と言い張り、乱暴を黙認させていたとみられている。宗教的な集会に母親を参加させ、実質的な支配下に置くなど、両親と女子生徒は「マインドコントロール」されていた疑いがある。“洗脳”はいかに行われていったのか。不可解な関係の解明が始まった。

 ◆お経唱えながら

 「悪い霊がついている」。捜査関係者によると、たびたび女子生徒の自宅マンションを訪れていた石川容疑者は、こう言って、お経を唱えながら、生徒の体を触り続けたという。

 女子生徒は座って、じっと耐えるだけ。その脇に父親がいることもしばしばあったが、その様子を見守るだけで、暴行を止めようとすることはなかったとみられる。

 抵抗した形跡はなく、行為は長いときで数時間にも及んだという。

 異常な行為はマンションだけではなく、石川容疑者の歯科医院でも行われていたようだ。

 女子生徒は父親とともに呼び出され、服を脱ぐように命じられたうえ、暴言を浴びせられることもあったとされる。

 ◆母親も支配下に

 知人らによると、石川容疑者は日頃から、宗教的な集会を開いており、そこに女子生徒の母親も参加していたという。歯科医院でも「君には悪霊が取りついている」と患者の不安をあおり、集会に誘うようなこともあったほか、自宅周辺でぶつぶつとお経のような言葉を唱えたりしているのも、周辺住民に目撃されている。

 「女子生徒の父親は石川容疑者を信奉するようになっていたようだ」。捜査関係者は打ち明ける。母親も実質的な支配下に置かれているような状態だった。石川容疑者の命令で離婚させられたうえ、都外の家から自宅に呼び出され、家族の世話などをさせられることもあったという。

 新潟青陵大大学院の碓井真史教授(社会心理学)は「マインドコントロールされた場合、親族に対しても、異常な行動をすることはよくある。不安をあおられ、暴力をふるわれて感情を支配されると、抜け出すのは容易でない」と指摘する。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

突っ込み所がありすぎて、困るネタです。

なんで歯医者が、悪霊云々でエクソシストの真似事をしているのでしょうか?
両親が見ている前で、女子中学生に強姦?何処のエロゲですか?
いや、被害者の気持ちを考えると、あまり声高に言うことではないですね。

ともあれ、歯医者は患者さんに信頼してもらわないと治療が出来ません。
身体を傷つけるのですから、当然です。患者さんからの信頼に応えるためには、誠実に治療を行わねばいけません。

問題は、その信頼関係が物理的な領域から、精神的な領域に足を踏み込んでしまう場合です。熟練した歯科医が、患者さんから神様のように扱われている現場を見たことがあります。あそこまで行くと、宗教の領域だと正直思いました。そしてそこまで信頼されている先生が、羨ましかったです。

それで終われば問題が無いのですが、時々医者側が宗教の領域に足を踏み込むケースがあるのです。医療というのは過酷な現場です。何らかの精神的支柱がないと、心が持たない人が大勢居ます。神にもすがりたくなるのは、患者さんだけではないのです。

これが本人の信仰の話であればいいのですが、ときとき常識の領域を超えてしまう方がいます。素人が神がかって治療を行うと、違法行為で摘発されます。しかし、医者が宗教的な治療を行うと、止める方法がありません。

数百年前まで、治療が祈祷であった時代があったんです。現在でも癌にかかった方が、怪しい宗教に嵌る例は、幾らでもあります。そこまで行かなくても、不安から普段では信じないような情報を信じてしまう例は、それ以上にあります。

昨今ではスティーブ・ジョブズが、膵臓癌の治療に当たって、専門の医者の意見よりバイアスがかかった治療に嵌り、手術が手遅れになったそうです。

病気になるということは、精神的に不安定になります。そういう時に治してもらった先生に、宗教的なことを進められると、信じてしまうのも無理がありません。

それでも、この場合を一概に攻められないのは、宗教に入って精神的支柱を得て、生活習慣が安定し、病状が良くなるケースがあるからです。何より、それを大掛かりに否定すると宗教は、関連病院を持てなくなってしまいます。

ですが、今回のケースは、そういうものとも明らかに違います。
如何なる理由があろうと、医療関係者が両親を洗脳し、女子中学生を強姦することが許されるはずがありません。明らかに私欲で道徳を曲げております。道徳以前に犯罪です。


……というより、何で歯医者が洗脳をするんだorz。


医療関係者が、怪しい新興宗教の教祖になる事が時々ありますが、これはその最悪のケースでしょう。

被害者に一日も早い安寧が訪れることと、類似事件が起きないことを、切に祈ります。


こばやし歯科医院バナー

posted by Jinguzi at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235645176

この記事へのトラックバック

こばやし歯科医院バナー

人気ブログランキングバナー04

ご協力お願いしますm(_ _)m。