2011年12月05日

日本老年医学会、尊厳死についての指針案を発表



日本老年医学会で、尊厳死についての指針案が発表されました。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

終末期の人工栄養補給、中止可能に…学会指針案

読売新聞 12月5日(月)1時29分配信

 高齢者の終末期における胃ろうなどの人工的水分・栄養補給は、延命が期待できても、本人の生き方や価値観に沿わない場合は控えたり、中止したりできるとする医療・介護従事者向けの指針案が4日、東京大学(東京・文京区)で開かれた日本老年医学会のシンポジウムで発表された。

 近年、口で食べられない高齢者に胃に管で栄養を送る胃ろうが普及し、認知症末期の寝たきり患者でも何年も生きられる例が増えた反面、そのような延命が必ずしも本人のためになっていないとの声が介護現場を中心に増えている。

 そこで、同学会内の作業部会(代表・甲斐一郎東大教授)が試案を作成した。広く意見を募って修正し、来年夏までには同学会の指針としてまとめるという。

最終更新:12月5日(月)1時29分


 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

先にお断りしておくと、学会というのは数多く存在します。
私が大学に居たころ、新しい学会を作ることがステータスだった時期があり、あちこちの教授が様々な学会を立ち上げて、大変だったことを覚えています。

そういうわけで、上記の意見は、数多くある医者の学会の中の一つが、今後の指針案として出したものです。決して医師の大多数がこの見解ではありません。その点はご了承ください。

ともあれ老人の尊厳死ですが、人類が社会生活を営み始めてきてから存在する問題です。
過去に我々が貧しかった時代は、生産に関与できなくなった老人には、『姥捨て山』の伝説が残っています。実際は、『姥捨て山』はなく、もっと生々しく短絡的な手段をとられていたようです。産業革命以前は、生きていくことが過酷な時代が長かったのです。

尊厳死が公の形ででてくるのは、社会全体がもっと豊かになった後の話しです。
それも主に介護に疲れた親族から出てきました。

一部の意見とはいえ、医者の側から老人の尊厳死について言及されるようになるというのは、大変な話です。逆を言えば、そういう発言が出てくるくらい、現場では悲鳴が上がっているのでしょう。

これから高齢者の数は、増えていきます。年代別人口で大きなボリュームを閉める団塊の世代が老後を迎えるとともに、医学の進歩により高齢者が増えるからです。

今では学会の一部すぎない意見が、大きくなることは想像に難くありません。
この問題は、社会レベルで早目に討論しないといけない時期に来ていると思います。
真面目に厚生労働省なり、国会なりで、議論を始めるべきだと思います。

手遅れになって、悲惨な事態が起きないことを祈ります。


こばやし歯科医院バナー


posted by Jinguzi at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238845642

この記事へのトラックバック

こばやし歯科医院バナー

人気ブログランキングバナー04

ご協力お願いしますm(_ _)m。