2011年12月09日

定期的な歯石除去で心臓発作や脳卒中のリスク低減



定期的に歯石を取ると心臓発作や脳卒中のリスクが低減すると言う研究結果が発表されました。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

お口の健康で心臓発作、脳卒中のリスク低下

2011.12.6 05:00

 定期的に歯科医院を訪れ、歯石を取ってもらうと心臓発作のリスクが最大24%低下する。台湾での研究が示した。米フロリダ州オーランドでのアメリカ心臓協会(AHA)の会合でこのほど発表された研究によると、歯石除去の処置は脳卒中のリスクも13%減らした。

 台北の栄民総医院の心臓病学研究員で論文の筆者のズーイン・チェン氏は、歯石除去は口腔(こうくう)内のバクテリアを減らし慢性的な炎症を抑えると説明した。炎症に伴い歯垢が血管の中に入り動脈硬化を引き起こして心臓発作や脳卒中につながるという。

 「口内環境を衛生的に保つことが非常に重要。口腔内の健康を維持するために正しい方法を指導する必要がある」とチェン氏。定期的な歯石除去は心臓発作や脳卒中のリスク低減に有効であるということが今回の研究結果から初めて分かったとした。

 一方で歯石除去が、心臓や血管の機能をどのように改善するのか、がんや免疫疾患のような疾病のリスクも低下させるのかについては、さらに研究が必要だという。

 研究では心臓発作または脳卒中の発症歴のない10万2620人を約7年間追跡調査した。歯石除去の処置を少なくとも1回受けた被験者5万1108人のうち心臓発作を起こしたのは226人、脳卒中は1168人だった。処置を受けないグループ5万1512人では心臓発作が507人、脳卒中が2480人だったという。

 少なくとも2年に1回以上処置を受けた人は心臓発作の発症率が24%低く、脳卒中は13%低かった。歯石除去の頻度が2年に1回以下の人の場合でも、処置を受けていない人と比べると心臓発作の発症率は13%低く、脳卒中は9%低かった。

 チェン氏は「1年に1本の歯でも歯石除去を行えば、心臓発作や脳卒中のリスクが低下したという結果に驚いた。歯は重要であり、きちんとケアするべきだ」と語った。

 またスウェーデンで行われた別の研究結果によると、歯周病から心臓発作、鬱血性心不全、脳卒中のリスクが予測できる。

 通常、成人の永久歯の本数は32本だが、7999人の歯周病患者を調査したところ、歯の本数が21本以下の被験者では心臓発作のリスクが69%高かった。また、歯周ポケットが深い歯の本数が多い人では、心臓発作のリスクが53%高かった。

 残っている歯の本数が少ない人は鬱血性心不全のリスクが高く、歯茎からの出血が多い場合には脳卒中のリスクが高かった。(ブルームバーグ Nicole Ostrow)

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

脳卒中というのは古い言葉で、現在は症状に応じて脳出血あるいはくも膜下出欠などに分類されます。

定期的に歯石除去などの口腔ケアを受けている方のほうが、健康であるというデータは以前から提示されています。今回の発表は、それを具体的な数字で表したことがすばらしいです。何より、10万人を超える人数を追跡調査するのは、大変なことです。どのくらいの労力がかかったかを考えると、頭が下がります。

ただ、人間の健康には、様々なパラメーターがあります。口腔ケアの有無だけで、脳卒中になるか否かが決まるわけがありません。口腔ケアは勿論重要ですが、それがどの位心臓発作の機序に関わるかは、これからの研究の対象です。

また、この種の発表があると『普段から健康に気を配っている人が、口にも気をくばっているだけで、この結果は当たり前ではないか』という趣旨の意見が出ます。

『当たり前』が『当たり前』であることが、キチンと数字で裏付けられることは、賞賛されることがあっても、批判されるべき事象ではないと思います。

更に言えば、このことを前提に更なる疫学調査を行えば、従来なら見落としていた小さな事が、病気の原因として見つかるかも知れません。その意味でも、この研究は次の研究への道を開いていると思います。

実際、次の結果など様々な対策がとれそうです。

> 通常、成人の永久歯の本数は32本だが、7999人の歯周病患者を調査したところ、
>歯の本数が21本以下の被験者では心臓発作のリスクが69%高かった。また、歯周ポ
>ケットが深い歯の本数が多い人では、心臓発作のリスクが53%高かった。

この結果を元に、歯周ポケットの値が酷い人は、心臓関係の検査をする。あるいは、歯周ポケットの値が低い人は、心臓関係の検査を免除する。そういったフィルタリングが出来ます。

歯周ポケット検査は手間はかかりますが、レントゲンなどに比べれば、人体への負荷が遙に少ないです。勿論、歯周ポケット検査だけでフィルタリングをするのは些か乱暴です。ですが、身長や体重からBMIを出して、複数の項目のチェックに引っかかった方をフィルタリングするのなら、十分な成果が出せると思います。

なんにせよ、自分の健康を守るためには、毎日如何に身体に気を配るかにかかっています。
それをより確実にするためには、定期的なケアが必要なのは言うまでもありません。

この記事を読みましたら、歯医者へ行って頂けると嬉しく思います。

こばやし歯科医院バナー





posted by Jinguzi at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239523241

この記事へのトラックバック

こばやし歯科医院バナー

人気ブログランキングバナー04

ご協力お願いしますm(_ _)m。