2012年05月18日

魏志倭人伝を引き合いに刺青を庇う毎日新聞


毎日新聞が、魏志倭人伝を引き合いに、極めておかしな記事を書いております。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

余録:「魏志倭人伝」には「男子は大小と無く、皆黥面…


毎日新聞 2012年05月18日 00時16分

 「魏志倭人伝」には「男子は大小と無く、皆黥面(げいめん)文身す」とあるから、当時の日本人の男は大人も子供も顔や体に入れ墨をしていたらしい。水に潜って魚をとる海人が大魚の襲撃を防ぐまじないにしたのが、後に飾りとなったのだという

▲ならば入れ墨のない者は当時の役所をクビになったのか??とは、むろん大阪市での職員への入れ墨調査を聞いて頭をよぎった妄想である。役所が職員の入れ墨の有無を一斉調査するというのもびっくりだが、「110人」という調査結果にも驚いた向きが多かろう

▲そういえば最近タトゥーと呼ばれるファッション感覚の入れ墨を就職活動を機に消す手術をする若者が多いという。欧米の映画などをまねて気軽に入れたタトゥーも、いざ職探しとなれば入れ墨がアウトローのシンボルとされてきた日本社会の市民感覚に突きあたる

▲さて映画では片肌脱いで桜吹雪を見せる遠山の金さんこと町奉行、遠山景元には本当に入れ墨があったか。放蕩(ほうとう)ざんまいの若い頃に遊び仲間と腕に桜の入れ墨をしたと記すのは元幕臣の漢学者、中根香亭だ。旗本の子弟が「武家彫り」などという入れ墨をした時代だ

▲だが香亭によれば、幕府で昇進をとげてからは常に肌着をきつくまとい、夏も脱ぐことがなかったという。さて景元は「若気の至り」を後悔したのかどうか。ともあれこと奉行としては若い時の体験ゆえに下情に通じたみごとな裁きをしたと香亭は絶賛を惜しまない

▲大阪市職員の入れ墨事情は人それぞれだろうし、何らかの措置が必要なケースもあろう。ただ未来の景元を失わぬようにするのも組織の「マネジメント」だ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事を書いた記者は、自分も刺青を入れているのでしょうか?
あるいは、毎日新聞は全社員は背中に『毎日新聞最高!』とでも刺青を入れる習慣があるのでしょうか?

そうとでも解釈しない限り、このような正気を失った記事は書けないと思います。

邪馬台国に刺青の習慣があったのは、その必要があったからです。
当時の刺青は、部族ごとに一定のルールがあってつけていました。額に△を刻むのは山の一族で、目の下に◇を入れるのは海の一族といった具合にです。だから額に△があって目の下に◇があるから、山の一族出身で、海の一族の嫁を貰ったあそこの丘に住む一家の子供だという具合に、識別が可能でした。言うならば、身分証明書です。

写真もX線写真も無かった時代です。自然災害や事故でなくなった場合、死者の身元の判別が困難でした。これは先の大震災で津波に亡くなった方の遺体の状況を考えてみれば、想像しやすいと思います。そういう時に刺青があれば、識別が可能だったのです。

このため自然災害で事故にあいやすい職種では、刺青の習慣は比較的最近まで残っていました。江戸時代の火消しの方が刺青をしていたのも同じ理由です。もちろん、それ以外の理由で刺青をしていた方もいましたが、それが受け入れられたのは、必要性があり、文化的な背景があったからです。

文明が進化し、畳の上で死ぬ人が増えた結果、刺青の必要性は薄れ、刺青をする方が少なくなりました。そのため、我が国では刺青をする方が、限られているわけです。

このような状況の変化を無視して、魏志倭人伝を持ち出して、大阪市役所の刺青をしたお役人を庇うのは、無理がありすぎます。

遠山の金さんの刺青を持ち出して、庇っていますが、江戸時代では刑罰として刺青がありました。窃盗などで遠島処分を受ける方が対象でした。つまり、刺青をしている=前科者の象徴でした。街で住んでいてその必要も無いのに自ら進んで刺青をするのは、ファッションというよりアウトローの象徴です。当時の江戸町奉行は、現在の東京都知事に相当する役職です。そんな立場の方が刺青をしていたら、「若気の至り」を恥じて必死に隠したことでしょう。現にこの記事でも、必死に隠したことが書かれています。

大阪市のとあるお役人が「若気の至り」で刺青を入れたが、そのことを隠しているというのであるのならば何もいいません。少なくとも情状酌量の余地はあります。

しかし、今回のケースは、役人になってから集団で刺青を入れているのです。お役人は市民の規範とならねばいけません。市民の規範となる方が、アウトローの象徴の刺青を集団で入れる。処罰の対象になるのは、当然だと思います。

遠山景元が聞いたら激怒することは、賭けてもいいです。ましてや自分の「若気の至り」を引き合いに、お役人を庇う記者は、遊び人の金さんにお灸を据えられると思います。

欧米では刺青が比較的慣用ですが、それは文化的背景が異なります。欧米がしているから、日本でもオッケーというのは、飛躍がありすぎます。何より、個人の主張やファッションとして刺青文化が存在するのと、役人が集団で刺青をすることを同列視するのは、明らかにおかしいです。

したがって、現在の我が国の地方公務員が集団で刺青を入れるのは、非常識な態度だと思います。長々と書かなくても、非常識の一言で済む話です。

その非常識なまねを非常識な例を挙げて庇うのは、極めて非常識です。そこまで非常識な真似をするのは、毎日新聞が非常識な習慣でも持っていないと説明がつきません。社会の木鐸を自称するジャーナリストが、非常識な習慣を持っているとなると、その存在意義すら問われかねません。

ここまで非常識な主張をするのであるのなら、この記事を書いた記者は、自分の氏名と刺青を堂々と公開すべきだと思います。その主張の是非はともあれ、そこまでするのであれば、その主張の意義はそれなりに理解できます。


毎日新聞は入社試験時に、刺青の有無を確認しているのでしょうか?
そして、刺青をしていないと、入社できないのでしょうか?
毎日新聞の人事部の方が、お答えいただけると嬉しく思います。


こばやし歯科医院バナー

posted by Jinguzi at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 毎日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
M新聞は今回だけでなく、過去にもいろいろとしでかしていますね。 特に海外向けのサイトで日本を貶めるような記事を平気で発信していました。
A新聞ではサンゴを自分で傷つけて記事にした有名な話もあります。
M新聞、A新聞など大手紙の社員には如何わしい連中が沢山いるような気がします。
まともな感覚で記事製作をしてほしいものです。
Posted by labu at 2012年05月22日 09:05
labu様

こんにちは。レスありがとうございます。

>M新聞は今回だけでなく、過去にもいろいろとしでかしていますね。 特に海外
>向けのサイトで日本を貶めるような記事を平気で発信していました。
>A新聞ではサンゴを自分で傷つけて記事にした有名な話もあります。

新聞社は、いったい何処に行きたいんでしょうねぇ?
正直理解に苦しみます。

>M新聞、A新聞など大手紙の社員には如何わしい連中が沢山いるような気がします。
>まともな感覚で記事製作をしてほしいものです。

その後、ネットを漁っていたら、本当に刺青を入れた毎日新聞の記者が、『刺青のどこが悪いんだ?』という記事を書いたそうです。

本当に何が悪いか会社レベルで理解していないようです。困ったもんだ。
Posted by Jinguzi at 2012年06月01日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

こばやし歯科医院バナー

人気ブログランキングバナー04

ご協力お願いしますm(_ _)m。