2017年07月21日

村田蓮舫議員の二重国籍に思う。

村田蓮舫議員が二重国籍を告白しました。
正確には、戸籍謄本を出して、去年の10月まで日本国籍を正式に取得していなかったことを明らかにしました。

それを聞いて最初に思ったことは、『中国人だから仕方ないか』でした。
偏見といわれるとそれまでですが、歴史を少し調べると国籍についての認識が日本人と大きく異なっていることがわかります。


我々が『日本人である』ということには、大雑把に言うと『日本に住んでいる人』と『日本国籍を持っている人』の二つの意味があります。大和民族云々と言い出すと民族の定義などで長くなるので、今回は割愛します。

普通に生活している分には、『日本に住んでいる人』と『日本国籍を持っている人』の違いを意識することはありません。ですが、キチンと日本で教育を受けた日本人ならその違いは理解しています。というより、先進国の国民ならこの概念は常識でしょう。

ところが、先進国でない国ではその辺りの区別がとってもアバウトです(^^;。

これは良い悪いの話ではありません。安定した国でないとその区別ができないのです。
言い方を代えると、政府が信用できるかという話になります。政府がおかしいと国民に危害を加えます。ポルポトや天安門を思い浮かべてもらえるとわかりやすいと思います。

そういった政府が信用できない国の人は、身の安全のために複数の国籍を持つ人が居ます。
香港や台湾だとお金持ちは身の安全のために、そういう対策を行っている方が大勢居ます。
香港出身で日本に住んでいるけど国籍はカナダなんていう人は、芸能人にも居ます。

『日本に住んでいる人』と『日本国籍を持っている人』の違いは、普通に生活している分には、特に意識しないでも問題ありません。元々その区別が明確でなかった人には、そのことに罪悪感を感じることはないと思います。その根本は両者の差を意識する必要が無かった上に、そうでないと生きられないという過酷な現実があるからです。

私の身の回りにも中国とか韓国の人が居ますが、その両者の違いを明確に持っている人は少数派です。国籍なんてものは、外国に行くときのパスポートの色の違いぐらいにしか考えていないのでしょう。

その意味で、村田蓮舫議員が二重国籍問題を軽視していたのは、そのような文化的背景があったと思います。

村田蓮舫議員は台湾出身ですが、その祖先は中国本土です。台湾には日本併合以前から台湾に住んでいた方と、戦後中国本土から来た方の2派閥があります。村田蓮舫議員の祖先は中国本土から見えた方です。外省人と呼ばれている方だそうです。

戦後、台湾を支配した国民党は、共産党に比べると明らかに劣勢でした。アメリカが手を引いたらおしまいという状況でした。いや、共産党が来なくても台湾でクーデターが起こって外省人が追い出されるという状況も考えられます。

そういう状況で村田蓮舫議員が二重国籍を有し、それを手放そうとしなかったのも理解できます。文化的に国籍の意味を軽視する上に、状況的に複数の国籍を持つことが生命線だったのでしょう。

村田蓮舫議員が『国籍が二つあったってええやん。日本だって何時地震で滅びるかわからないんだから』ぐらいのことを考えていたとしても、不思議はありません。むしろ自然でしょう。村田蓮舫議員が芸能人であれば、それで問題は無かったでしょう。

問題は村田蓮舫議員が国会議員だということです。
複数の国籍を有していれば、やり方によってはお金を稼げます。脱税とか密輸とか、色々とやりやすいことは想像に難くありません。非合法でなくても、複数の国籍を用いてグレーゾーンでお金を稼ぐこともできるでしょう。

それが政府高官だったりしたら、特権を色々と悪用できるでしょう。

本人が私腹を肥やすぐらいなら、まだ理解できます。
勿論、許容することはできませんが、売国奴に比べればましです。

民主党政権で、村田蓮舫議員は事業仕分けで様々な事業を仕分けしました。
『2位じゃダメなんですか』とスパコンに文句を言って予算を切った結果、中国がスパコンで1位を獲得しました。
防災の予算を無駄といって切って、水害を増やしています。先の北九州の豪雨による氾濫の原因の一つに、村田蓮舫議員は事業仕分けで建設を中止したダムが上げられるそうです。
ダム自体は自民党政権で建設中だそうですが、間に合わなかったようです。
村田蓮舫議員は視察で避難民に聞いたそうです。『家は大丈夫でしたか』と。


……村田蓮舫議員が日本弱体化を謀る間諜であると主張してもいいと思います。


政府高官が二重国籍である例としては、マイワール共和国のアドルフ=ヒットラー総統をあげましょう。日本では自民党政権が何かをすると、非難するためにヒットラー総統を引き合いにだす勢力がいます。そういう方々が『村田蓮舫議員は日本のヒットラーだ』と主張しない理由を、私には理解できません。

先日の会見で、村田蓮舫議員は去年の10月まで日本国籍を選択していなかったことが明らかになりました。それ以前は、公の場では二重国籍を否定していました。国籍を偽っていたのです。どう考えても公職選挙法違反です。

国会議員は国民の規範です。犯罪に関しては厳密に在らねばいけません。
以前、学歴を詐称して国会議員を辞めた方が居ます。
国籍を詐称するのは、学歴を詐称するよりも問題があると思います。

村田蓮舫議員が国民の規範であることを祈らずにはおれません。

posted by Jinguzi at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

こばやし歯科医院バナー

人気ブログランキングバナー04

ご協力お願いしますm(_ _)m。