2017年11月14日

独りでもオンブバッタ


仔メダカ飼育用の鉢に植えてあるカキツバタにオンブバッタが居ました。


オンブバッタ01.jpg


茶色になっているため、枯葉の保護色となって見つけにくいです。


オンブバッタ02.jpg


アップにするとこんな感じです。

ちなみに夏が暑いと緑色になりやすく、涼しいと茶色になりやすいそうです。

今年の夏が涼しかった証拠ですね。

オンブバッタは、秋になるとメスがオスを背負っているため、この名前で呼ばれます。

残念ながら、番ではなくメスだけでした。

ちなみに、もう一寸細長くなって単独でいるのがショウリョウバッタです。

漢字で書くと、それぞれ負飛蝗と精霊蝗虫になるそうです。

一寸中国のモンスターみたいで格好良いですね。

プランターで育てているほうれん草を食べる困った虫ですが、なんとか卵を産んで来年も増えて欲しいものです。

そのためには、なんとか伴侶を見つけて欲しいものです。

posted by Jinguzi at 16:34| Comment(0) | 庭日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

こばやし歯科医院バナー

人気ブログランキングバナー04

ご協力お願いしますm(_ _)m。